仮想通貨について

仮想通貨(暗号資産)の取引手数料を減らすならCoinBack(コインバック)がおすすめです

CoinBack(コインバック)アイキャッチ

こんにちは、管理人のやまさんです

ここでは仮想通貨(暗号資産)の取引手数料を抑えるお得な方法をお伝えします

その方法はずばり「仮想通貨(暗号資産)の取引でCoinBack(コインバック)を利用する」です

簡単でしょ!

でも、そもそもCoinBack(コインバック)ってなんなの?と思っている人がほとんどだと思います

それは、CoinBack(コインバック)というサービスを経由して海外取引所の口座を開設し、取引の度にキャッシュバックを受けることができるサービスです

しかも、永久にキャッシュバックされます!

つまり、暗号資産取引所の取引手数料の30~50%をキャッシュバックしてもらえるサービスです

 

仮想通貨(暗号資産)の取引で敬遠される理由の一つが、取引手数料の高さだと思います

その手数料の30~50%がキャッシュバックされるのはとってもうれしいですよね

今回はそのCoinBack(コインバック)の特徴について解説していきます!

 

この記事はこんな人向けに書いています

  • これから「Bybit」や「Binance」などの海外の仮想通貨(暗号資産)取引所での口座開設を考えている
  • 仮想通貨(暗号資産)の取引手数料を抑えたい
  • CoinBack(コインバック)の名前は聞いたことがあるどんなサービス内容なのか知りたい

 

CoinBack(コインバック)とは?

CoinBack(コインバック)を初めて聞く方もいるかと思いますので、サービス概要をまずはお伝えします

一言でいうならば、CoinBack(コインバック)とは、「取引所公認で取引手数料のうち30%~50%をキャッシュバックするサービス」です

これだけ聞くと「なんか怪しい・・・」と思っちゃいますよね

でも安心してください、まともな企業が運営しているサービスなんですよ

CoinBack(コインバック)を運営している会社をまずは紹介しますね

 

CoinBack(コインバック)の運営会社について

CoinBack(コインバック)を運営している会社の概要です

項目 内容
運営会社 I&C Nexus PTE. LTD.
サービス名 CoinBack(コインバック)
設立年度 2021年
受付時間 SGT10:00(日本時間11時)〜SGT18:00(日本時間19時)
本社所在地 シンガポール
公式サイト https://coinback-crypto.com/
CoinBackメディア https://media.coinback-crypto.com/
公式Twitter @CoinBack_jpn
海外仮想通貨取引所おすすめランキング https://media.coinback-crypto.com/foreignranking

 

CoinBack(コインバック)は、海外大手取引所のBinance(バイナンス)やBybit(バイビット)など公認で、取引手数料が最大50%キャッシュバックするサービスを運営しています

CoinBack(コインバック)経由で開設した仮想通貨取引所の口座で取引をすると、取引手数料の一部がキャッシュバックされることになります

そのためCoinBack(コインバック)は、Binance(バイナンス)やBybit(バイビット)等の取引所の公認となっています

 

ユーザーは手数料を減らすことができ、取引所はユーザーの取引を促進することができるため、win-winな関係を構築しています

無料で利用でき、キャッシュバックが受けられるのであれば、取引を行う上で圧倒的にお得になりますよね

ですので、CoinBack(コインバック)を経由して取引した方が圧倒的にお得なんですよ

これから以下の海外取引所での口座開設を検討している人は、ぜひCoinBack(コインバック)経由での口座開設をおすすめします!

CoinBack(コインバック)を始めるならコチラ

 

キャッシュバック可能な仮想通貨(暗号資産)取引所

それではキャッシュバック可能な仮想通貨(暗号資産)取引所をご紹介します

CoinBack(コインバック)では現在(2022年10月)、「Binance(バイナンス)」、「OKX(オーケーエックス)」、「MEXC(エムイーエックスシー)」、「Bitget(ビットゲット)」、「Phemex(フィメックス)」、「BingX(ビンエックス)」、「Bybit(バイビット)」、「CoinEX(コインエックス)」でキャッシュバックが受けられます

バイナンスやバイビットなど有名な取引所でキャッシュバックが受けられるのがうれしいですね

 

ちなみにキャッシュバック率は以下の通りです

キャッシュバック対応業者 キャッシュバック率
BINANCE 30%
OKX 40%
MEXC Global 40%
Bitget 40%
Phemex 40%
BingX 40%
Bybit 30%
CoinEX 40%

 

キャッシュバック率をみると、めちゃくちゃお得ですよね

ちなみに現在対象となる通貨は以下の通りです

BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、USDTの3種類です

CoinBack(コインバック)を始めるならコチラ

 

CoinBack(コインバック)のメリットとデメリットについて

ここではCoinBack(コインバック)のメリットとデメリットを解説します

CoinBack(コインバック)を始めるならコチラ

 

CoinBack(コインバック)のメリット

CoinBack(コインバック)のメリット

CoinBack(コインバック)のメリット

  • 手数料が安くなる
  • 登録・利用が無料
  • 安心の日本語対応
  • マルチシグコールドウォレットで資産を保存

最大のメリットは何と言っても取引手数料が安くなることです!

取引量が多い人には特にありがたいサービスですよね

また、無料で会員登録でき、年会費などの費用も一切かかりませんので、とりあえずやってみようという人にもおすすめです

 

それからCoinBack(コインバック)は、拠点はシンガポールですが、公式サイトや運営メディアなどはすべて日本語に対応しています

運営への質問やサポートなども日本語で対応してもらえるため、安心して利用することができます。

公式サイト:https://coinback-crypto.com/

CoinBackメディア:https://media.coinback-crypto.com/

 

最後に、キャッシュバックとして貰えた報酬はマルチシグコールドウォレットで登録されるのでハッキングの心配もありません

マルチシグウォレットの「マルチシグ」はマルチシグニチャー(Multisignature)の略であり、トランザクション署名に複数の秘密鍵を必要とする技術です

秘密鍵が1つしかないシングルシグと比較すると、マルチシグには、セキュリティレベルが高く、秘密鍵を紛失した場合の取り扱いが簡単であるなどの利点があります

マルチシグ技術は取引所やウォレットに使用されます。

 

CoinBack(コインバック)のデメリット

CoinBack(コインバック)のデメリット

CoinBack(コインバック)のデメリット

  • 国内の取引所には対応していない(海外の取引所のみ)
  • 出金可能な仮想通貨は3種類だけ
  • 出金できるタイミングが決まっている

現在、CoinBack(コインバック)では以下の海外取引所に対応していますが、国内の仮想通貨取引所には対応していません

  • Binance(バイナンス)
  • OKX(オーケーエックス)
  • MEXC(エムイーエックスシー)
  • Bitget(ビットゲット)
  • Phemex(フィメックス)
  • BingX(ビンエックス)
  • Bybit(バイビット)
  • CoinEX(コインエックス)

国内取引所が対象外なのは残念ですが、これだけ海外の有名どころを抑えているのはありがたいですね

 

それからCoinBack(コインバック)からキャッシュバックとして出金できる通貨は以下の3種類のみとなっています

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • USDT(テザー)※ERC-20 / TRC-20

まあ、取引量の多いコインが含まれているので十分なのではないでしょうか!

 

最後のデメリットは「出金できるタイミングが決まっている」ことがあげられます

CoinBack(コインバック)のキャッシュバックは、取引をすれば毎日発生し反映されます

ただし、キャッシュバックされた通貨が出金できるようになるのは翌月の1日になってからです

そのため、即日出金はできないので注意しておきましょう!!

 

CoinBack(コインバック)の登録方法

ここではCoinBack(コインバック)の登録方法を解説します

登録手順は大まかにいうと以下の3ステップで完了しますので簡単ですよ!

登録手順

  1. サインアップ
  2. 各取引所の口座開設
  3. 各取引所のUID登録

 

サインアップ

まずはCoinBack(コインバック)の登録画面にアクセスします

CoinBack(コインバック)を始めるならコチラ

CoinBack(コインバック)サインアップページ

サインアップボタンをクリックすると登録したアドレスにメールが届きます

認証コードが記載されていますので、認証コードを入力してください

CoinBack(コインバック)メール認証

メール認証が完了すると、サインアップは完了です

 

各取引所の口座開設

次にお好みの取引所で口座開設をしていきます

まずは、コインバックのログイン画面を開き、右上メニューの「口座登録」を押します

CoinBack(コインバック)_口座登録

各取引所の情報が出てきますので、開設したい取引所を選んで、「ユーザー登録はこちら」をクリックします

 

バックコインチェック(Coincheck)_取引所口座登録

ここではBinance(バイナンス)を登録していきます

「ユーザー登録はこちら」をクリックすると以下の画面に遷移しますので、ユーザー登録を完了させましょう

バイナンス_ユーザー登録

紹介コードが入力されているか確認して、アカウント登録を済ませましょう

 

各取引所のUID登録

最後に取引所のUID(User ID)の登録です

先ほどの「口座登録」の画面最上部に、UIDを登録する箇所があります

各取引所のUIDを入力して「登録する」をクリックしてください

CoinBack(コインバック)_UIDの登録

これで口座登録が完了となります!

 

まとめ

ここではCoinBack(コインバック)の特徴と登録方法について解説していきました

仮想通貨(暗号資産)を取引するうえでいつも気になるのが手数料!

ですが、CoinBack(コインバック)を利用することで、30%~50%キャッシュバックが受けられますのはうれしいですね

 

ユーザー登録は5分以内に完了して、手続きも簡単です

海外取引所で仮想通貨(暗号資産)を取引したい方にはとってもお得なサービスです

 

なお、CoinBack(コインバック)の詳細な情報は公式ホームページをご覧ください

ぜひこの機会に、CoinBack(コインバック)を経由して仮想通貨取引所を開設して、最大50%のキャッシュバックを受け取りましょう!

CoinBack(コインバック)を始めるならコチラ

 

PickUp

はじめて「仮想通貨(暗号資産)」に関心をもった方に向けに「仮想通貨(暗号資産)」とは何なのかやさしく解説します 1

こんにちは、管理人のやまさんです 最近、ビットコインをはじめとする「仮想通貨(暗号資産)取引所」のTVCMをよく見かけるようになりましたよね (私はコインチェックとビットフライヤーで取引を行っています ...

コインチェックでの口座開設 2

こんにちは、管理人のやまさんです 今回は初めて仮想通貨を購入したいと考えている人向けに、どのように仮想通貨の口座を開設したらいいのか、その手順について解説します   仮想通貨(暗号資産)を始 ...

ビットフライヤーの始め方 3

こんにちは、管理人のやまさんです 前回の記事では「仮想通貨(暗号資産)とは何か?」について解説させてもらいました はじめて「仮想通貨(暗号資産)」に関心をもった方に向けに「仮想通貨(暗号資産)」とは何 ...

オープンシーの始め方 4

こんにちは、管理人のやまさんです 本記事ではNFT専門のマーケットプレイスで、世界最大手の「OpenSea(オープンシー)」の始め方について解説します OpenSeaでは、NFTコンテンツの販売、購入 ...

オンサイバーのアイキャッチ画像 5

こんにちは、管理人のやまさんです 今日は「OnCyber(オンサイバー)でNTF Museum」をつくってみたのでご紹介させていただきます 所有しているNFTアートをオリジナルのメタバースに飾って、美 ...

-仮想通貨について
-, ,