仮想通貨の儲け方

はじめて「仮想通貨(暗号資産)」に関心をもった方に向けに「仮想通貨(暗号資産)」とは何か?やさしく解説します

はじめて「仮想通貨(暗号資産)」に関心をもった方に向けに「仮想通貨(暗号資産)」とは何なのかやさしく解説します

こんにちは、管理人のやまさんです

最近、ビットコインをはじめとする「仮想通貨(暗号資産)取引所」のTVCMをよく見かけるようになりましたよね

(私はコインチェックとビットフライヤーで取引を行っています笑)

このCMを見て、「仮想通貨(暗号資産)ってなに?」、「ビットコインって聞いたことあるけどなに?」と気になり始めた方も増えたのではないでしょうか?

でも、やっぱり仮想通貨って初めて聞く人にとっては

お金なのか、なんだかよくわからない怪しいもの

に聞こえてきますよね!

そこでこの記事では、『はじめて「仮想通貨(暗号資産)」に関心をもった方』に向けに、仮想通貨(暗号資産)とは何なのかやさしく解説していきます

「すでに仮想通貨(暗号資産)の基本的なことは知っているよ」という方は、そっと閉じてくださいね笑

この記事はこんな人向けに書いています

  • 仮想通貨(暗号資産)を初めて知ったので、どんなものか知りたい
  • 基本的に抑えておきたい仮想通貨(暗号資産)の種類が知りたい
  • 仮想通貨(暗号資産)の特長、メリット・デメリットについて知りたい

仮想通貨(暗号資産)とはいった何なんだ?

ビットコイン

仮想通貨(暗号資産)とは、インターネット上に存在する電子データのみでやりとりされる通貨のことです

法定通貨ではないので国家による強制通用力を持たず、主にインターネット上での取引などに用いられているデジタルマネーです

ちなみに法定通貨とは、円やドルのように国家により価値が保証されている通貨の事を指しています

 

似たような名前に電子マネーが存在しますよね!

我々のいまの生活では、仮想通貨(暗号資産)よりも電子マネーの方がなじみがありますよね

じゃあ、仮想通貨と電子マネーの違いってなんでしょうか?

仮想通貨(暗号資産)と電子マネーは、法定通貨を基準としているかどうかに大きな違いがあります

同じデジタルマネーと呼ばれていますが、電子マネーはあくまでも法定通貨の代替であり、仮想通貨は特定の国家によって価値を保証されていない(法定通貨ではない)ところが大きく異なっています

 

さて、仮想通貨(暗号資産)に少し話を戻したいと思います

このブログでは、ここまで仮想通貨の表記を『仮想通貨(暗号資産)』と記載していることにお気づきでしょうか?

気が付いたあなた、すばらしいです!

想像通り、仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれいています

 

ではなぜ仮想通貨と暗号通貨という二つの名称があるのでしょうか?

それは2020年5月に施行された資金決済法・金融商品取引法等の改正により、法令上の呼称が仮想通貨から暗号資産になったからなんですね

名称変更の理由は、以下の理由からと言われています

  1. 国際的な場において、『暗号資産: Crypto Assets』との表現が用いられている
  2. 『仮想通貨』という呼称は、『法定通貨』との誤解を生みやすい

一般的にはまだまだ仮想通貨と呼ばれるケースが多いいのかなと感じていまので、本記事では理解のしやすさを優先して、仮想通貨(暗号資産)という表記を用いたいとおもいます

 

仮想通貨(暗号資産)の歴史について

仮想通貨(暗号通貨)の歴史

現在の仮想通貨(暗号資産)の始まりは、2008年10月に発表されたサトシ・ナカモトという人物の「ブロックチェーン技術を使った中央管理者のいない決済システム」という論文がきっかけでした

この論文に賛同した複数の開発者がサトシ・ナカモトに協力し、この論文の投稿から3ヵ月後にソフトウェアが公開されました

これが現在の代表的な仮想通貨(暗号資産)としてい知られている「ビットコイン(BTC)」の始まりとなっています

 

暗号資産がレアルの世界で使われたきっかけとなったニュースがこちらです!

取引所の開設から数ヵ月後の2010年5月に、あるプログラマーが半ば冗談で「誰か、僕のビットコイン(BTC)10,000枚とピザを交換しないか?」というメッセージを暗号資産のメーリングリストに投稿しました。

すると、その書き込みをおもしろがった別のプログラマーが、ピザ屋にLサイズピザ2枚(25ドル)を注文して投稿者の家に届けさせ、代わりに10,000ビットコイン(BTC)を手に入れました。

これがリアルの世界で仮想通貨(暗号資産)が使われた最初の例とされています

メーリングリストに呟いた人も、ピザを注文した人も、きっと遊び心で始めたのだと思いますが、これがきっかけとなり今では世界中で取引されるまでに発展したビットコイン(BTC)

非常に興味深いですよね!

 

仮想通貨(暗号資産)の特徴について

暗号通貨の特長

仮想通貨(暗号資産)には以下の特徴があります

  • 国家による価値の保証がない
  • 暗号化されたデジタル通貨
  • 発行上限がある
  • 換金できる

それでは、それぞれの特徴についてみていきたいと思います

国家による価値の保証がない

仮想通貨(暗号資産)は法定通貨ではないため、国家により価値が保証されていません

世の中に流通している通貨の大部分は、法定通貨であるため発行元の政府あるいは中央銀行がその価値を保証しています

たとえば、日本円は日本政府が紙幣や貨幣にその価値(1万円札には1万円の価値)を保証しているので、日本円は経済価値のある貨幣として流通することができています

 

ところが、仮想通貨(暗号資産)には法定通貨ではないため、どこの国家にも保証されていません

そのため仮想通貨は、需要と供給のバランスによって、その価値が決まります

値動きが激しいため、チャンス(リスク)が大きい通貨と言われています

 

暗号化されたデジタル通貨

そこで仮想通貨は『ブロックチェーン』という仕組みにより、その価値を担保しています

ブロックチェーンの仕組みについてはここでは割愛しますが、一言でいうと「全ての取引が記録され、全ユーザーに公開されている」仕組みと考えてください

ブロックチェーンについては、こちらに記載していますので、気になる方は是非こちらもご覧ください

あわせて読みたい
「ブロックチェーンとは一 言 でいうと何?」わかりやすく解説します

こんにちは、管理人のやまさんです 暗号資産(仮想通貨)に興味がある方ならば一度は聞いたことがある言葉、それが「ブロックチェーン」 でも、実際にその中身をわかっている方は意外に少ないのではないでしょうか ...

続きを見る

「ブロックチェーンとは一 言 でいうと何?」わかりやすく解説します

つまり、誰でも追跡できる点と不正取引が困難な点により、仮想通貨(暗号資産)の価値が保証されているんです

発行上限がある

通常、法定通貨の場合は国の経済状況に応じて、中央銀行が通貨の発行枚数を調整しています

一方で、仮想通貨(暗号資産)には中央管理者(国や金融機関)が存在しないため、発行枚数を変更することは基本的には不可能になっています

そのため、多くの仮想通貨(暗号資産)では発行上限枚数を定めており、貨幣の価値が維持されるように設計されています

仮想通貨(暗号資産)を無限に発行してしまうと、信用を失い通貨としての価値が無くなってしまいます

上限発行枚数を設けることで希少価値を保っているんですね

ちなみに、ビットコイン(BTC)では、発行上限枚数は2,100万枚に設定されています(2022年2月現在)

 

換金できる

同じデジタルマネーである電子マネーは、日本円などの法定通貨に換金することができない仕組みとなっていますが、仮想通貨は、その時点での時価で売買を行うことが可能です

金融機関などの中央管理者はいないため、個人間で直接取引を行う点が特徴です

仮想通貨は価格が固定されていないため、投資の対象となっています

そのため、将来有望と思われる仮想通貨の価格上昇ないしは下落を見込んで、投資を実行することで利益を得ることが可能です

仮想通貨(暗号資産)は、コインチェックやビットフライヤーなどの仮想通貨(暗号資産)取引所で取引可能です

 

仮想通貨(暗号資産)の種類について

仮想通貨(暗号資産)の種類

仮想通貨(暗号資産)の種類には、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどがあり、現在もその数は増え続けています

2022年2月現在で10,000種類以上の仮想通貨(暗号資産)があると言われています

もし、興味がある方はこちらをご覧ください

All Cryptocurrencies(すべての仮想通貨)

現在、存在するすべての仮想通貨(暗号資産)を確認することが可能です笑

 

それから、仮想通貨(暗号資産)はビットコインとアルトコインの2種類に分類されています

アルトコイン(代替のコイン)とは、ビットコイン以外の仮想通貨(暗号資産)のことで、代替コインなどともいわれています

日本で買えるビットコイン、アルトコインには代表的なものとして以下の仮想通貨(暗号資産)が存在しています

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • オーエムジー(OMG)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • サンド(SAND)

 

仮想通貨(暗号資産)はさまざまな目的で発行されるため、その目的を理解して用途に合わせて取引を行うことをおすすめいたします

ちなみに私はお小遣いの範囲で、ちまちまとビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、そしてエンジンコイン(ENJ)を運用しています

ビットコイン(BTC)は完全な投資目的で、イーサリアム(ETH)はNFTアート、エンジンコイン(ENJ)はNFTゲームで活用したいと考え、取引を行っています

 

仮想通貨(暗号資産)の取引を始めたいと考えている方は、まずは仮想通貨取引所の口座を開設してみましょう

口座開設にはお金はかかりませんよ(無料です)!!

 

<仮想通貨取引所の口座開設方法はこちら>

あわせて読みたい
コインチェックでの口座開設
【コインチェック(Coincheck)での口座開設方法】図解でわかる仮想通貨(暗号資産)の口座開設手順

こんにちは、管理人のやまさんです 今回は初めて仮想通貨を購入したいと考えている人向けに、どのように仮想通貨の口座を開設したらいいのか、その手順について解説します 私は「コインチェック(Coinchec ...

続きを見る

【未経験者向け】コインチェックでの口座開設方法について~仮想通貨(暗号資産)の取引をはじめるために~

あわせて読みたい
ビットフライヤーの始め方
【初心者向け】ビットフライヤー(bitFlyer)での口座開設方法について~仮想通貨(暗号資産)の取引をはじめるために~

こんにちは、管理人のやまさんです 前回の記事では「仮想通貨(暗号資産)とは何か?」について解説させてもらいました はじめて「仮想通貨(暗号資産)」に関心をもった方に向けに「仮想通貨(暗号資産)」とは何 ...

続きを見る

【未経験者向け】ビットフライヤー(bitFlyer)での口座開設方法について~仮想通貨(暗号資産)の取引をはじめるために~

 

仮想通貨(暗号資産)のメリット・デメリットとは?

仮想通貨(暗号資産)のメリット

仮想通貨(暗号資産)のメリット

ここでは仮想通貨(暗号資産)のメリットについてお伝えします

仮想通貨(暗号資産)のメリットは以下の通りです

  • 24時間取引できる
  • 海外への送金・決算が迅速・低手数料になる
  • 少ない資金で大きな利益を出せる可能性あり

仮想通貨は24時間365日、いつでも取引可能で、時間に関係なく投資を行うことができます

平日に時間をとれない会社員にもおすすめですね

 

次に仮想通貨は、国境を越えて、迅速・低手数料で送金することが可能です

銀行を通す必要がないため、手軽に送金ができ、即時に着金が可能で、手数料が少額なのがメリットです

 

最後に投資目的です!

たぶん、今仮想通貨(暗号資産)に関心を持たれている方の大部分は、直接的にも、間接的にも、投資が目当てなのではないでしょか?

仮想通貨(暗号資産)はこれまでの常識では考えられないほどに、価値が上昇する可能性があります

もちろん、その分リスクも大きいと思いますので、無理のない範囲の出運用を心がけましょう!!

 

仮想通貨(暗号資産)のデメリット

仮想通貨(暗号通貨)のデメリット

これまで仮想通貨(暗号資産)のメリットについてお伝えしてきましたが、仮想通貨(暗号資産)にももちろんデメリットが存在しています

最後に仮想通貨(暗号資産)のデメリットについてお伝えします。デメリット以下の通りです

  • 値動の変動が大きく、リスクが大きい
  • 紛失・ハッキングの可能性がある

仮想通貨(暗号資産)の特徴として、激しい値動きがあげられます。

取引で高い利益を上げることも可能ですが、購入するタイミングを誤ると大きな損失を生む可能性がありますので、タイミングには十分注意が必要です

 

また、仮想通貨取引所は、ハッカーに狙われやすいと言われています

多額の資金が集中するため、盗難の対象になりやすいことが原因です

悲しいことに、これまでも国内外問わず、様々な仮想通貨取引所が過去にハッキングの被害に遭ってきました

ただ、最近の仮想通貨取引所のセキュリティーレベルは大幅に向上していますので、以前に比べればハッキングのリスクは下がっていると思われます

セキュリティー対応をしっかり行っている仮想通貨取引所を選択して、少しでもリスク軽減に努めることをおすすめします

また、個人としてはパスワードを複雑にし、二段階認証を設定するなど対策を怠らないようにしましょう

 

まとめ

今回は仮想通貨(暗号資産)について、『はじめて「仮想通貨(暗号資産)」に関心をもった方』を対象に、その概要について解説してきました

  • 仮想通貨(暗号資産)とは、インターネット上に存在する電子データのみでやりとりされる通貨のことで、円やドルのような法定通貨ではないため国家による強制通用力を持たない
  • 仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれいている
  • 仮想通貨(暗号資産)には、国家による価値の保証がない、暗号化されたデジタル通貨であり、発行上限のある、換金できるデジタル通貨、という特徴がある
  • 仮想通貨(暗号資産)はビットコインとアルトコインの2種類に分類されており、その種類は10,000以上存在している
  • 仮想通貨(暗号資産)には、24時間取引できて、海外への送金・決算が迅速・低手数料で取引が可能。また、少ない資金で大きな利益を出せる可能性があるというメリットがある
  • 仮想通貨(暗号資産)には、値動の変動が大きく、取引リスクが大きいこと、紛失・ハッキングの可能性があるなどのデメリットも存在している

仮想通貨(暗号資産)は、Web3.0の世界が広がれば、取引通貨としての役割が一層注目されると思われます

あわせて読みたい
Web3.0について
Web3.0って何?ブロックチェーン、仮想通貨(暗号資産)、NFTを交えてWebの歴史をわかりやすく簡単に解説します!

こんにちは、管理人のやまさんです 今日は最近よく聞く「Web3(Web3.0)」、みなさんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? でも、Web3.0があるのであれば、Web1.0やWeb2.0 ...

続きを見る

Web3.0って何?Webの歴史をわかりやすく簡単に解説します!

 

仮想通貨(暗号資産)の取引を始めたいと考えている方は、まずは仮想通貨取引所の口座を開設してみましょう

口座開設にはお金はかかりませんよ(無料です)!!

まずは1万円程度の少額から始めてみることをおすすめいたします

 

<仮想通貨取引所の口座開設方法はこちら>

あわせて読みたい
コインチェックでの口座開設
【コインチェック(Coincheck)での口座開設方法】図解でわかる仮想通貨(暗号資産)の口座開設手順

こんにちは、管理人のやまさんです 今回は初めて仮想通貨を購入したいと考えている人向けに、どのように仮想通貨の口座を開設したらいいのか、その手順について解説します 私は「コインチェック(Coinchec ...

続きを見る

【未経験者向け】コインチェックでの口座開設方法について~仮想通貨(暗号資産)の取引をはじめるために~

あわせて読みたい
ビットフライヤーの始め方
【初心者向け】ビットフライヤー(bitFlyer)での口座開設方法について~仮想通貨(暗号資産)の取引をはじめるために~

こんにちは、管理人のやまさんです 前回の記事では「仮想通貨(暗号資産)とは何か?」について解説させてもらいました はじめて「仮想通貨(暗号資産)」に関心をもった方に向けに「仮想通貨(暗号資産)」とは何 ...

続きを見る

【未経験者向け】ビットフライヤー(bitFlyer)での口座開設方法について~仮想通貨(暗号資産)の取引をはじめるために~

 

ぜひ、この機会に仮想通貨(暗号資産)に関心を持っていただければと思います

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました

 

注意ポイント

  • 本サイトで掲載されている評価や感想等は、あくまでサイト運営者の主観であり、広告主に保証されたものではありません
  • 暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じるリスクがあります。お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください

PickUp

はじめて「仮想通貨(暗号資産)」に関心をもった方に向けに「仮想通貨(暗号資産)」とは何なのかやさしく解説します 1

こんにちは、管理人のやまさんです 最近、ビットコインをはじめとする「仮想通貨(暗号資産)取引所」のTVCMをよく見かけるようになりましたよね (私はコインチェックとビットフライヤーで取引を行っています ...

コインチェックでの口座開設 2

こんにちは、管理人のやまさんです 今回は初めて仮想通貨を購入したいと考えている人向けに、どのように仮想通貨の口座を開設したらいいのか、その手順について解説します 私は「コインチェック(Coinchec ...

ビットフライヤーの始め方 3

こんにちは、管理人のやまさんです 前回の記事では「仮想通貨(暗号資産)とは何か?」について解説させてもらいました はじめて「仮想通貨(暗号資産)」に関心をもった方に向けに「仮想通貨(暗号資産)」とは何 ...

オープンシーの始め方 4

こんにちは、管理人のやまさんです 本記事ではNFT専門のマーケットプレイスで、世界最大手の「OpenSea(オープンシー)」の始め方について解説します OpenSeaでは、NFTコンテンツの販売、購入 ...

オンサイバーのアイキャッチ画像 5

こんにちは、管理人のやまさんです 今日は「OnCyber(オンサイバー)でNTF Museum」をつくってみたのでご紹介させていただきます 所有しているNFTアートをオリジナルのメタバースに飾って、美 ...

-仮想通貨の儲け方
-, , , ,